WORKS

LECT

2017-

印刷会社が管理可能なデジタルサイネージ

今回、6機のタッチデジタルサイネージが導入され、マップやイベントをインタラクティブに操作することができます。細やかな要望に現場でこたえ、開発を行いました。例えば、DTPのフロアガイド印刷データからSVGというデータを読み込み、CMS管理画面での入力データと連携。運用しやすさを考慮した仕組みになっています。また、マップをタッチすれば一覧がフォーカスし、一覧から選択すればマップがフォーカスすするというシームレスな動作を実現しています。設置されている実機の方角が南北2種類の向きがあり、向きに合わせてマップの方向を切り替える仕組みも実装しています。タッチされていない時間が経過すると、時間設定におおじた大きな写真のドラムが流れ、調べる意思があるユーザも、眺めてみるだけのユーザにも使っていただけるようにしています。

デジタルサイネージ

  • アプリ

ピクト

  • シンボル

マップ

  • グラフィック

データ転送システム

  • アプリ

管理画面

  • ウェブ

スタッフ・ブレーン

制作に関わっている社内外のメンバー紹介

小倉 裕幸

ディレクター/SE

寺澤 脩平

バックエンドエンジニア

安部 大二郎

エンジニア

おおもとゆきこ

デザイナー

赤木 崇

エンジニア