WORKS

穴吹デザイン専門学校

2018-

広報の活性化のためのウェブ構造の改変

ウェブサイトを持つことには、色々なメリットがあります。専門学校の場合、オープンキャンパスの集客や、ガイダンスの日程の発信。年に一度つくられるパンフレットとは違った発信源として、高校生との接点になるツールです。とはいえ発信に力を入れるためには、教員・広報の方の業務の時間も使うことになり、中々充実させることは大変なことです。今回、穴吹デザイン専門学校のウェブサイト改修では、トピックス、学科、作品、卒業生、講師の情報入力と表示箇所を整理しました。同じ情報をあちこちのページに更新する手間を省きながら、サイト全体を充実させることができます。例えば講師を追加すれば、「講師・学科・トップページ」が一度に充実することになります。このように更新システムを導入しコンテンツ発信のコスパを向上させるご提案をさせていただきました。

運営しやすい専門学校のウェブサイト

  • ウェブサイト

コンテンツの共通化

  • ウェブサイト

特別授業等の撮影

  • 写真

卒業生・講師・学生の取材撮影

  • 写真